ニュース

田村琢実の不倫「無理な条例に自民党が怒ってリーク」

ニュース

小学3年生以下の子どもの放置を禁止した虐待禁止条例で話題になっていた田村琢実議員ですが、不倫をしていた事が週刊文春によりリークされました。

虐待禁止条例と併せ、さらなる大炎上に発展している田村琢実議員。田村琢実議員の不倫について見ていきましょう。

田村琢実の不倫報道「自民党からのタレコミ」

虐待禁止条例で大炎上している中、さらなる追い打ちとなった田村琢実議員の不倫報道。実はこの報道ですが、「勝手に条例を出した田村琢実議員に対し、自民党本部が怒りリークしたのでは?」と指摘する声があがっています。

これ多分県連だけでなく党本部すら無視して条例出したんだろう
ブチギレた自民本部からのタレコミだ

虐待禁止条例に続き、注目を集めている田村琢実議員の不倫。噂にあるように、怒った自民党が制裁目的でリークしたのでしょうか?

田村琢実不倫のリーク者「キス写真を撮影出来たのは3名」

週刊文春で報道された田村琢実議員の不倫。この報道をまとめてみると、

  • 田村琢実議員の不倫写真が撮影されたのは2019年1月24日
  • 相手は派遣会社の受付嬢で北川景子似の美女(A子さん)
  • この受付嬢を気に入った田村琢実議員が飲み会を希望
  • 2人きりで飲み会を行う訳にはいかないので、自民党県議2名と受付嬢1人を合わせ、計5名の会となった
  • 飲み会中、田村琢実議員が不倫相手A子さんを気に入っていると本人に伝える
  • さらに、不倫相手A子さんも田村琢実議員がタイプだと答え、意気投合
  • 飲み会中、徐々に意気投合し、隣に座った2人は手を繋ぎ、キスをしていた(撮影されていた写真はこの時の物)
  • この日を境に、2人は不倫関係になる
  • 不倫相手A子さんも、単身赴任の夫と子供がいた

となります。

まとめからも分かるように、不倫の証拠として撮影されたキス画像は、田村琢実議員が望んだ飲み会で撮影されています。

つまり、この写真を撮影し、さらに情報として持っていた人物は、以下3名だけに限られる訳です。

田村琢実議員と一緒に飲み会に参加していた自民党議員2名
A子さん以外の受付嬢

また、週刊文春にタレコミを行った人物は「田村氏の知人」と紹介されています。

田村氏の知人から、「週刊文春」編集部にそんな“通報”が入ったのは10月8日のことだった。

引用元:《虐待禁止条例を撤回》 自民党埼玉県議団長・田村琢実県議が“北川景子似”受付嬢と「不倫キス」写真 「こちらのほうが子どもへの“虐待”では…」

この書き方から、リーク者となった人物は、数合わせで飲み会に参加した受付嬢ではなく、自民党議員2名のどちからの可能性が非常に高いと言えるでしょう。

つまり、田村琢実議員は同じ自民党の議員から、不倫をリークされた事を否定出来ない訳です。

そして、先日注目を集めていた虐待禁止条例。この条例に関し、同じ自民党議員からも反発の声があがっていた事が、分かっています。

田村琢実の評判「自民党議員からも煙たがられていた」

同じ自民党議員でありながら、虐待禁止条例に反対していたのは同じく埼玉県の政治家・牧原秀樹議員。彼は、X(Twitter)を通し、「強引に進めるのは断固反対」という投稿を行っています。

条例の件、現時点でこのまま強引に進めることは断固反対です。国、県はそ尊重し合って通常は口出しはしないのですが、ここまで反対の声を受けたことはなく、私もさいたま市で子育て中の親としてそのご心配の気持ちも痛いほど理解します。非現実的なことで虐待と言われることはあり得ないことです。

同じ埼玉県、そして同じ自民党議員ですら虐待禁止条例に対して「断固反対」「非現実的」とまで話します。また、名前は書かれていませんが、自民内で「行き過ぎで無理がある」という意見が挙がっていた事も、報道されていました。

ただ、一律に放置を禁じる改正案をめぐっては、自民内にも「行き過ぎで無理がある」との意見があった。

引用元:「留守番は虐待」条例案 自民が撤回 説明不足陳謝 埼玉

この様な条例を可決させようとしていた田村琢実議員ですので、同じ自民党内部から煙たがられていたとしても、全く不思議ではないでしょう。

そして、不倫の証拠であるキス画像を撮影出来た人物が自民党議員にいた事が、週刊文春の記事から分かっています。

これらの事実から、「無理やり条例を通そうとしていた田村琢実議員に、自民党が怒って不倫画像をリークした」という噂も、決して的外れとは言えないでしょう。

田村琢実の不倫顔画像「北川景子似の美女」

週刊文春がリークした田村琢実議員の不倫相手。顔画像にはモザイクがかけられており、全容は確認できませんが、北川景子似の美女と紹介されていました。

北川景子さん顔画像

不倫相手A子と紹介されていた北川景子似の美女。彼女も結婚しており、単身赴任の夫と子供がいたことが報じられており、田村琢実議員とはW不倫だった事が記事に書かれていました。

田村琢実への批判「最低オブ最低」

虐待禁止条例を押し通そうとし炎上していた田村琢実議員。この状況での不倫報道は、さらなる怒りを田村琢実議員に向かわせる事となりました。

子どもの「虐待禁止条例」主導した田村琢実埼玉県議 受付嬢とダブル不倫?
最低オブ最低アンド最低

自民党ってドスケベ💩野郎しかいないよね🤣

中には「不倫がバレないようにするために(虐待禁止条例を作って)妻と子供を縛り付けたかっただけか」という意見まで書き込まれていました。

不倫がバレないように妻と子を家に縛り付けたかっただけか

同じ自民党議員からも「行き過ぎで無理がある」と言われている法律を通し、それを県民に押し付けようとした田村琢実議員。しかし、そんな状況で自分は人の道を外れた行為である不倫を楽しんでいた。

この大きな姿勢のズレから、田村琢実議員に否定的な意見が投げ続けられるのは、極めて自然な成り行きであり、たくさんの人が怒りを感じるにも当然です。

特に無理な条例を押し付けられかけた埼玉県民にとっては、とても許しがたい出来事だったのは、言うまでもないでしょう。

関連
AYAMEMO

コメント

タイトルとURLをコピーしました